Botania | ボタニア | コース案内
course top
  

10 Breath メソッド

本来Breathとは生命の動きの源です。
私たちの生命の動きは誕生よりも前にお母さんのおなかの中からありました。
誕生してから死ぬまで休むことなく繰り返される呼吸は、
その生命の動きを止めないための自立システムであることが大切です。
なぜなら体は今日も、
呼吸を介して繰り返される生命の動きによって絶え間なく作られているからです。
ボタニアの10 Breathメソッドは
現代生活で見失いがちな、あなた本来のギフトされた呼吸を呼び覚まします。
このメソッドが、本体の呼吸、本来の自分に出会うためのお手伝いができることを願っています。

ギフトされた呼吸

私たちは皆、誕生した時「ギフトされた呼吸」をもって生まれてきました。「ギフトされた呼吸」でスヤスヤと眠る赤ちゃんの姿は「無念無想」の状態を私たちに教えてくれます。

生来もっているその呼吸は、肉体にインプットされている原初の呼吸であると同時に、私たちが胎児だったときに私たちの肉体をつくるために働いていた「生命の動き」を絶やすことなく引き継ぐために用意されている呼吸だとBotaniaでは考えています。

行為の動き と 状態の動き

生徒さんの多くが、Botania10 Breathを習い始めの頃は「ギフトされた呼吸」に出会うことが難しい状態が続きます。それは努力向上しようとする気持ちがあるためなのですが、さらに本質的な問題は「肉体=自分」つまり肉体を自分自身だと思い込んでいらっしゃることから生じています。肉体を自分自身だと思い込むと、実習中の努力目的が自己中心的になり、自我が肉体に介入しすぎて呼吸システムに気負いが入ってしまうのです。これは、自分が動きの主体になって呼吸をしようと「行為の動き」にとらわれているために「無念無想」の状態に近づくことが難しいからです。

Botaniaでは肉体を人生のよきパートナーとして客観視し、肉体と自己を差別しながらも、肉体を理解し受け入れることで肉体との調和・協調をそだてていきます。すると、動きの主体は肉体であると実感できるようになり、「状態の動き」として呼吸を感じ取ることができるようになります。自己の感覚がこの「状態の動き」と同通していくプロセスのなかに「ギフトされた呼吸」が現れます。それはまだ「無念無想」の状態ではありませんが、それに近づいていく身体的心地よさと精神的安定感を誰もが実感されます。

知識(情報) と イメージ(感覚)の関係性

一般に呼吸は、ほとんどの方が生まれてから学習することなく「自分流の呼吸パターン」によって生活しています。そのことに善悪はありませんが、Botania 10 Breathを学ぶことは生命や肉体に対しても「ギフト」されたことへの感謝が自然にめばえてきます。

自分と肉体の関係性に新しい認識を持つこと自体が、実は「ギフトされた呼吸」への第一歩になります。それは、私たちは生まれてからずっと意識・無意識にかかわらず膨大な情報を学習し、その学習情報が「自分流の呼吸パターン」を作っているからです。特に「自分流の呼吸パターン」に使われている情報は、自分の無意識下に強くインプットされている情報ですから、過去にそのような情報を自分の無意識下にまでインプットしたのかを知ることは、なかなかに難しいことなのです。ですから、肉体本来が必要としている「ギフトされた呼吸」と不一致を引き起こしているような「自己流の呼吸」を見直すことは、自我的な努力をすればするほど難しいことです。

Botania 10 Breathでは、肉体を呼吸の主体と受け入れたうえで、肉体との調和・強調の情報をイメージによって伝えます。Botaniaのイメージングの特徴は「感覚動詞」としてのイメージを使えるようになることです。いつもの癖で「自分がする」という「動作動詞」の意識のままでは肉体への強制になるだけで、情報共有はできません。このイメージの世界観が、身体的感覚として実感できるようになるなかに「無念無想」に近づいていく道程があるといえます。Botania 10 Breathをとおして、「生命の動き」を支えていく要素を丁寧に探求・学習して習得した身体教養は、生涯消えることはありません。「ギフトされた呼吸」を復活させることは、身体教養として長く心身の健康維持に貢献するはずです。

少人数クラス と 磁場

Botania 10 Breathのクラスは少人数を理想としています。Botania 10 Breathのクラスでは、実習中に肉体のなかに起こってくる「生命の動き」や「存在の動き」を見つけ、ひとりひとりそれらが本当に本来のありかたに近づいているかどうかの確認をしながら進めていきます。そうした目的だけで考えれば、Botania 10 Breathは個人セッションとして行われるほうがよいといえます。

けれど別の視点からいえば、個人よりクラスであることで「学びあうこと」ができます。「生命の動き」や「存在の動き」とよぶ動きは、慣れないうちは目に見ることや感じ取ることが難しいものでもあります。ですから、自分自身の中で起こっていることとして信じることができないと悩む方もおられます。

そのような時でも、クラスメートが同じ情報を共有し同じ目的意識をもつことで、クラスのなかに「磁場」とよばれる学習空間ができ、クラスメートの肉体の中で起こったことをとおして、自分自身の肉体の法則性や可能性を信じることができるようになってきます。「信じることのできる自分」が定着してくると、今度は自分の肉体のなかにも「信じたこと」が起こっていることを感じ取れるようになっていきます。

また、多人数のクラスであると、目的意識を同じレベルで同通させることがなかなか難しくなってしまいます。すると「磁場」の統一が乱れて、時間内での学習の質を低下させてしまうことがあります。

ですからBotania 10 Breathは少人数クラスで一緒に学ぶことに理想をもっています。

ボタニア 10 Breath 概要

▼呼吸への10種のアプローチと基礎的なムーブメント・メソッド

1)C Breath

胎児(4と1/2週目)体幹の「生命の動き」を体現する。

Benefit:体幹の復活

2)Jaw Breath

頭骸の「生命の動き」を体現する。

Benefit:顎関節にかかわる緊張の調整/頭骸全体のバランス機能の改善

3)Eye floating

眼窩を中心とする「生命の動き」を体現する。

Benefit:頭骸のポジションが正しくなる/眼圧の調整と視野の確保

4)Bird Brath

腹横筋を中心とした「生命の動き」を体現する。

Benefit:全身での呼吸システムの再開/頚部・胸部・腰部の緊張の調節

5)Pelvic Breath

仙骨と腰椎にかかわる「生命の動き」を体現する。

Benefit:仙腸関節にかかわる緊張の調整/脚力の増加と可動域の改善

6)Navel Breath

腹直筋を中心とした腹部の「生命の動き」を体現する。

Benefit:内臓空間の緊張緩和/内臓機能の増進

7)Foot Breath

脊椎と足をつなぐ「生命の動き」を体現する。

Benefit:足の機能とバランス感覚の復活

8)Rib Breath

胸郭の空間をつくる「生命の動き」を体現する。

Benefit:胸椎から頚椎への関係性を再構成する/肺の呼吸運動にかかわる潜在力をひきだす

9)Sacral Breath

後頭骨から仙骨までの「生命の動き」を体現する。

Benefit:胸仙腸関節と腰部・上脚部への伝導性が向上する/脊柱にかかわるバランスが向上する

10)Back Breath

直立にかかわるサポートの統合を体現する。

Benefit:立つ・歩く・座るの基本となる支持の感覚が明瞭になる/自我力による直立からの開放をうながす

▼募集要項

講座内容:

上記「10 Breath」に伴う解剖・生理学と基礎ムーブメント。

定員:

8名(男女可)

対象:

素直な自分と向き合っていきたいと思う方/エクササイズなど指導されている方

期間:

2019年5月~10月の月1回(8月は休講)

  大阪クラス 5/11・6/8・7/6・9/7・10/5

  東京クラス 5/25・6/29・7/27・9/28・10/26

時間:

10:00 ~ 16:00(昼休憩1時間他を含む)

参加費:

54,000円(税込)

2019年4月末までに指定口座へお振込みください。振込手数料はご負担下さい。

服装:

過ごしやすい服装(着替えの容易な服装)

持ち物:

配布資料、筆記用具、飲料水(随時指示があります)

ボタニア・ムーブメント 基礎クラス

2016年から活動を開始したボタニア・ムーブメントクラスが、さらに学びやすい基本ムーブメントを中心にして再開します。知識と実習の継続的な学習によって、無意識レベルの“膜”へボタニア・ムーブメントを<薫習>していくためのクラスです。

薫習(くんじゅう):
香が物にその香りを移していつまでも残るように、みずからの行為が心に習慣となって残ること。

期間

ボタニア・ムーブメントで最も大切な基本を学ぶ「基本クラス」は6ヶ月単位のクラス形式です。

・第1期 2017年10月 ~ 2018年3月  (2017年9月末 募集締め切り予定)
・第2期 2018年 4月 ~ 2018年9月  (2018年3月末 募集締め切り予定)
・第3期 2018年10月 ~ 2019年3月  (2018年9月末 募集締め切り予定)

半日コース(10:00 ~ 12:30)

ボタニア基本である10ブレス、イメージング、基本ムーブメント各種を学びます。団体レッスン向き。

全日コース(10:00 ~ 15:30)

午前の半日コースに加えて、午後では基本ムーブメントをさらに詳細なレベルで学びます。個人レッスン向き。

第1期



  半日コース 全日コース
期間 2017年10月 ~ 2018年3月
時間 10時 ~12時30分 10時 ~15時30分(30分休憩)
受講料 7,000円/1回 12,000円/1回
定員 定員8名 定員4名



 
平日クラス / 第2木曜日 週末クラス / 第2土曜日
2017年10月12日 2017年10月14日
11月19日 11月11日
12月7日 12月9日
2018年1月11日 2018年1月13日
2月8日 2月10日
3月8日 3月10日



* 2018年より消費税分が加算されます。 * 第2期以降、受講料改定の際は随時お知らせいたします。


個人セッション

Botaniaの個人セッション・初級は、Botania独自の呼吸を中心として、体幹にはたらきかけるとても細やかな誘導をともなう静かで深いムーブメント・セッションです。身体自体が潜在的におこなっている緩やかで滑らかな目に見えないレベルの動きに感覚を融合させていくプロセスは、新しい身体との出会いと信頼をうながします。

心地よい呼吸、穏やかな睡眠、身体の開放感など、個々の身体が必要としている要素が穏やかに再生してくることが実感できます。

コース概要


時間:初回カウンセリング/15分  Botania個人セッション/60分
料金:一般 15,000円/1回  研修生・聴講生 10,000円/1回
予約方法:「contact」より申し込み後、こちらからの返信にて受付完了となります。
服装:平易で動きをさまたげない服を着用。ガードル、ストッキング類、スパッツ類やスポーツ用のきついストレッチ素材は避けてください。

Botania中級・上級レベルの個人セッションは個別判断しお受けいたします。
時間・料金は基本として初級に同じですが、個別ケースにより相談いたします。